FBCサマーフェスタ2014

​【絵本の森】

絵本作家にストーリーを考えてもらい、ストーリーの1ページ1ページを7人の作家がイベント会場の数カ所に1ページずつクリエイティブに演出。絵本の世界を実際に歩きながら物語を楽しめる企画。
(ストーリー/さいとうかおり、空間演出/さいとうかおり、Ai、*grow、Dapoo!、0013...、松山真一郎、DEVIL JOKER)

ピントンと

恐竜フクちゃんの大冒険

(ビッグ絵本)

第1話「フクちゃん誕生」

ある日、ピントンが森で遊んでいると大きな卵を見つけました。

すると卵がわれて、恐竜がとび出てきました。

ピントンはびっくり!

「ぼくはピントン。きみは?」

「ぼくはフクちゃんだよ!よろしくね!」

■タイトルの前で写真が撮れるよ!

第2話「一緒に遊ぼう」

ふたりはあっというまに仲良くなりました。

「わーいわーい!楽しいね!」

今日も一緒に楽しく遊びました。

■ピントンとフクちゃんと一緒に遊んでいる写真を撮ろう!

第3話「ハッピーバースデー」

今日はピントンの誕生日。おうちでパーティーです。

「お誕生日おめでとう!!」

■お絵かきしてペタペタぺったん!一緒にパーティーに参加しよう!

ワイワイ楽しそうなピントンを見て、フクちゃんは思いました。

「ぼくにも、パパやママがいるのかなぁ・・・」

「じゃぁ、一緒にパパとママを探しに行こうよ。」

そしてふたりは、おうちを出ました。

第4話「ピントンじゃない」

ふたりは町へ来ました。

町のみんなはピントンにそっくり!

「あれ!?ピントンが分かんなくなっちゃった!」

■そっくりさんがいっぱい。ピントンを探そう!

 

「あっ、ピントン!!見つかってよかった~」

さぁ町を出よう!

「さあ出発だ!」

第5話「迷いの森」

ふたりはどんどん森を進んでいきました。

「あれ?道がわかれているぞ。どっちに行ったらいいのかなぁ?」

ピントンとフクちゃんは迷ってしまいました。

■迷路の森をぬけよう!

すると、向こうから恐竜の鳴き声が聞こえてきました。

「あっちだ!!」

第6話「恐竜の世界へようこそ」

迷いの森を抜けると、そこには恐竜がいっぱいいました。

「もしかしてここに、パパとママがいるのかなぁ。」

フクちゃんは、大はしゃぎで走っていきました!

「フクちゃん待って~」

■フクちゃんが、いなくなっちゃった!一緒に探してあげよう!

「あ~~、フクちゃん見つけた!!」

ここには、パパとママはいませんでした。

そしてふたりはまた歩き始めました。

第7話「森の休憩所」

しばらくすると、休憩所をみつけました。

ピントン「ね~。しりとりしようよ。」

フクちゃん「いいよ!」

あなた「いいよ!」

■セリフを入れよう!

それじゃいくよー

ピントン「ふくい」

フクちゃん「い、い・・・いもけんぴ!」

あなた「ピ○○○!」

「ピ」のつく言葉を入れてね

あー楽しかった!

さぁ、先を急ごう。

第8話「妖精のいたずら」

森を進むと、妖精の湖に出ました。

空を飛んでいるプテラノドンを眺めていると、

妖精が現れ、みんなの体を固めてしまいました。

「これを解いたら、元の姿にもどして、あ・げ・る」

と、妖精は言いました。

■クイズに答えて助けてあげよう!

□の3文字を答えてね

「□□□サマーフェスタ!」(用紙に描いてね)

みんな元の姿に戻る事ができました。

プテラノドンが言いました。

「フクちゃん見つけた!!」

なんと、プテラノドンはパパとママのお友達だったのです。

「僕がパパとママの所に案内するよ」

ふたりはプテラノドンについて行きました。

第9話「クリエーターズ橋」

「化石が埋もれる砂の川を渡れば、もうすぐ会えるよ。」

「さぁ、橋を渡ろう!!」

「わぁーもうすぐ会えるね!」

フクちゃんは、ドキドキわくわくしてきました。

■橋を渡ろう

「ドキドキわくわく」クリエーターズマーケット

※「この中にフクちゃんのおうちがあるよ!」

第10話「フクちゃん、おうちに帰る」

「フクちゃん!!」

「パパ!ママ!」

 

「卵がなくなっちゃたから、とっても心配していたのよ。よかった~」

とママは言いました。

「ピントン、ありがとう!!」

「うん!また遊ぼうね。フクちゃん、バイバイ!」

 

そうしてフクちゃんは、絵本に帰る事ができました。

おしまい

STREET DESIGN MARKET

〒910-0151  福井県福井市栄町12-1

ブランド・メーカー様の委託デザイン・タイアップのご依頼も承っております。
ご要望の方は、 コチラにてご連絡ください。